Featured

line浮気調査|夫婦が離婚してしまう原因は人それぞれで…。

「調査員がどの程度の技能を持っているのか、であったり、どんな機材を使用するのか」といった要素で浮気調査は決まるのです。浮気調査をする担当個人がどれほどのレベルなのかを推測することはまずできませんが、どんな調査機材を持っているかという点は、確認することが可能です。
料金体系がどうなっているかの詳細をネット上で周知させている探偵事務所であれば、なんとなくの金額の目安くらいなら知ることができる場合もありますが、実際の料金までは調べられません。
先方は、不倫の事実をそんなに問題ではないと考えている場合が少なくなく、呼んでも話し合いに来ないことが珍しくありません。ところが、弁護士事務所から書類が送りつけられたら、これまでのようにはいきません。
なんと料金不要で法律関係の相談とか予算の一斉試算など、つらいご自身のトラブルについて、知識豊富な弁護士にご相談していただくことだって可能となっているのです。ご自分の不倫関係のお悩みを無くしてください。
浮気?と思っても夫を尾行したりする際に、あなたの知っている友達だとか家族に相談するのはやってはいけないのです。妻であるあなたが自分で夫ときちんと話し合って、浮気が事実かどうかを明確にすることが大切です。

家庭裁判所などでは、複数の証拠や第三者の証言や情報などを提示することができなければ、浮気があったとは取り扱いません。離婚の中でも調停や裁判の場合は意外と簡単便利ではなく、相応の理由などを理解してもらえなければ、承認は不可能です。
夫婦が離婚した場合、その後3年間たってしまうと特別な事情がない限り慰謝料の支払いを要求できません。ということなので、仮に3年間の期限に近いのであれば、ぜひ速やかに法律のプロである弁護士を訪問してみてください。
夫婦が離婚してしまう原因は人それぞれで、「生活費が全然もらえない」「二人のSEXがうまくいかない」などもあると想像できます。けれども、そうなっている原因が「内緒で不倫をしているため」なのかもしれないです。
自分だけで対象の素行調査や尾行に挑戦するのは、様々な問題があってスムーズにはいかないので、相手に気付かれる心配もあるので、ほぼみなさんが探偵や興信所に素行調査を任せているのが実情です。
探偵が浮気調査を行った場合、一定の料金はかかるのですが、専門の探偵がやるわけですから、素人とは比較にならないよくできた希望している証拠が、感付かれることなくゲットできちゃうので、ちっとも不安にならずに済みます。

簡単に説明すると、探偵などの不倫・浮気調査となりますと、相手が変わると浮気をする頻度やパターン、時間帯も場所も全然違うわけですから、調査に要する月日によって費用の総額が違ってきます。
費用のうち基本料金というのは、依頼内容にかかわらず必要になる料金を指していて、オプション料金が追加されてトータルの費用が決まります。素行調査のターゲットとなった方の住居の種類、職種とか移動手段や交通機関によって必要な費用が異なるため、料金についてもバラバラなのです。
本気で浮気調査を依頼しようかと思っている人は、調査料金の金額だけではなくて、調査するスキルについてだって十分に調査しなければ安心できません。実力が足りない探偵社だとわからずに浮気調査を依頼すれば、お金をドブに捨てるのと同じことになります。
夫や妻が不倫している相手がいるかも…そんな不安がある方は、苦しみから解放される第一歩は、探偵に不倫調査を頼んで真実を確認することです。どこにも話をせずに悩み続けていたのでは、解決のための手段はよっぽどでないと探し当てられないのです。
なんといっても不倫であるとか浮気調査というのは、調査がやりにくい条件のときでの証拠(写真や映像)の撮影作業が普通なので、各探偵社が変われば、尾行・追跡の技術及び撮影用の機材に相当開きがあるので、しっかりと確認してください。

信じがたいかもしれませんが…。

探偵への着手金とは、お任せした調査の際にかかる人件費や情報の収集をするシーンで避けられない費用です。対象となるものや金額は探偵事務所や興信所ごとに異なるのが実情です。
各メニューの料金の安さという点のみではなく、無駄なものは除いて、最後に確定した合計金額がどうなるのかに関しても、浮気調査の依頼先を選ぶときに気を付けるべきポイントであることにご注意ください。
実際に「夫って浮気をしてるんじゃないの?」と思い始めたら、確かめもせずに騒ぎを大きくしたり、詰め寄ったりしてはダメです。とりあえず確証を得るためにも、落ち着いて情報収集することが不可欠なのです。
先方は、不倫について、そんなに問題ではないと考えている場合が珍しくなく、呼んでも話し合いに来ないことが多いのです。だけれども、依頼されている弁護士事務所から書面によって呼び出しを受けたら、そんなわけにはいかないのです。
見積もりの金額の低さのみで比較を行って、探偵社や興信所を選んじゃうと、自分自身が満足できる結果を出せなかったのに、探偵社が提示した調査料金を請求されただけになるような場合だって起きる可能性はあるのです。

自分だけで素行調査だったり後をつけるのは、たくさんの難しい面があり、ターゲットにバレてしまうという事態にもなりかねないので、かなりの割合の方が実績のある探偵などプロに素行調査をやってもらっているのです。
「基本料金」と書かれているのは、どんな依頼でも支払わなければいけない額ということなので、ここに追加されて支払い費用になるわけです。素行調査を行う人物の実際の住宅周辺の環境、職種とか移動手段や交通機関によってすごく差がありますから、いただく料金も異なってくるのです。
調査してもらった方がいいのかな?必要な費用は?調査期間は?それに不倫調査を申し込んでも、うまく事実が確認できないときはどうしたらいいんだろう。それぞれ頭の中でぐるぐるしちゃうのは仕方のないことなんですよ。
浮気や不倫をしているという動かしがたい証拠を収集することは、夫を説得する際に当然欠かせませんが、二人が離婚する確率が少しでもあるのなら、証拠を集めることの必要性は一段と高まります。
悩んでいても、やはり浮気している妻についての相談をするか否かとなれば、意識しても恥ずかしさや自尊心を捨てることができず、「こんな情けない内容は人には言えない」そんな考えが頭に浮かんでしまって、アドバイスを受けることをあきらめてそのままにしてしまうことになりがちです。

信じがたいかもしれませんが、女の直感は、怖いくらい当たるみたいで、ご婦人によって探偵に調べるように頼まれた不倫問題や浮気での素行調査の内、驚くことに8割が当たっているそうです。
専門家集団の探偵事務所の場合、浮気調査に関する知識・経験が豊富なので、相手が本当に浮気をしているのなら、どんな場合でも証拠を入手してくれるのです。証拠を手に入れたいなんて希望がある方は、早めに相談してみてください。
特に難しい浮気調査や素行調査については、迅速な処理でいい結果になり、大失態を防止しています。近くにいる大事な方について調べるということなので、相手に覚られることない慎重な調査が絶対条件です。
夫婦が離婚して3年たつと、普通は相手に慰謝料を要求できなくなるのです。仮に、離婚成立後3年寸前だという方は、スピーディーに法律のプロである弁護士にご相談いただくのがベストです。
不倫・浮気といった不貞行為によって何気ない家族の幸せを崩壊させ、離婚しか選択できなくなることだってよくあります。しかも状況によっては、精神面で被害があったとする慰謝料の準備という面倒な問題についても発生しかねないのです。

line浮気に要注意

これから再スタートするあなたの幸せな一生のためにも…。

離婚相談を利用している妻が話す理由で最多だったのは、「夫が浮気している」という結果でした。浮気の証拠を見るまでは、自分にはかかわることがない話題だと思っていた妻が少なくなく、夫の浮気という事実に、信じられないという感情や夫への怒りがすごいのです。
時々耳にする素行調査っていうのは、ターゲットの言動の監視をすることによって、どんな人物であるかを細かなところまで理解することが目当てで行われているのです。日常気が付かない事実がクリアになるのです。
通常、不倫調査は、依頼者によって詳しい調査内容が全然違う状況が多いものなのです。ですから、調査に関する契約内容がしっかりと、かつ的確に整備されているかという点のチェックが不可欠なんです。
配偶者の一人が浮気だとか不倫(いわゆる不貞行為)に及んだケースだと、不倫や浮気をされた側の配偶者は、不倫相手が侵した貞操権侵害による心の痛みに対しての法的な慰謝料として、それなりの損害賠償を徴収することが認められます。
体験から言えば離婚するのは、想像以上に精神的、肉体的な面において非常に負担が大きいのです。主人の不倫が間違いないことがわかり、多くのことを考えたり悩んだりしたのですが、どうしても彼を信用できず、夫婦関係の解消が最も妥当な答えだと気が付きました。

平均的に夫のほうが妻の浮気を察するまでに、相当な日数がかかるとよく言われます。同じ家に住んでいても微妙な妻の異変を感じ取ることができないという夫が大部分のようです。
調査料金の詳細な体系などを自社サイトで掲載中の探偵事務所に頼むのであれば、ぼんやりした相場程度だったらはじき出せるのでしょうが、具体的な金額の計算はできません。
これから再スタートするあなたの幸せな一生のためにも、他の男と妻が浮気中であることを直感したそのときから、すぐに「感情的にならずに適切に行動を起こす。」それを忘れなければ苦しんでいる浮気問題の打開策として有効なのです。
今の状態を相談して、経費に応じた最適な調査プランを示してもらうこともできちゃいます。技術も料金も不安もなく依頼が可能な、どんなことがあっても浮気の証拠を収集してくれる探偵や興信所がおススメです。
パートナーの不倫が理由で離婚のピンチなんてことになっているのなら、大急ぎで夫婦間の信頼関係の復活ができるかどうかがポイントです。待っているだけで月日がたてば、関係が今以上に冷め切ったものになってしまうでしょう。

難しい不倫調査をしたいのなら、技術力のある探偵に調査依頼するのが最もいい方法です。たっぷりと慰謝料を払わせたい人や離婚に向けて裁判するつもりでいるようであれば、はっきりとした証拠が必要になるので、特にこのことが重要です。
調査の際の調査料金は、独自に探偵社が設定しているので全然違います。それでも、料金を確かめたというだけでは探偵の能力がどれほどなのかは見極め不可能です。いろいろ調べるというのも忘れずにやってみるべきでしょう。
一人だけで品質の高い証拠を手に入れようとした場合、いろんなことが原因で難しいことから、浮気調査を希望でしたら、経験豊富で確実な調査ができる探偵や興信所に頼むほうが最良だと言えるでしょう。
サラリーマンである夫が「不倫?浮気?」などと心配になっても、会社勤めしながら一人で妻の浮気を確かめるのは、結構障害が多いので、離婚に至るまでに相当長い期間を費やすことになるのです。
もし夫の様子が今までと違うんじゃないかと気が付いたら、浮気をしているかもしれません。長い間「出勤も仕事もめんどくさいなあ」そんな文句ばかりを言っていた人が、文句も言わずに楽しそうに職場に出かけていくようになったら、まず浮気を疑うべきです。

料金体系がどうなっているかの詳細についての情報をサイト上で確かめられる探偵事務所に関しては…。

対応する弁護士が不倫のトラブルのときに、どれよりも重要であると考えていること、それは、時間をかけずに解消させると言い切れます。損害を請求する側、される側どちらであっても、迅速な処理というのは当たり前です。
料金体系がどうなっているかの詳細についての情報をサイト上で確かめられる探偵事務所に関しては、それなりの目安程度のものでよければ確かめられるかもしれません。しかし詳しい金額についての計算は無理なのです。
妻や夫に浮気していたことを認めさせるため、そして離婚裁判や慰謝料の損害賠償にも、証拠の提出がどうしても重要なんです。つかんだ証拠を提示すれば、トラブルにもならずに解決できることでしょう。
申し込んだ浮気調査がされて、「浮気をしていることを示す証拠が見つかったらおしまい」といった関係じゃなく、離婚問題に関する訴訟あるいは関係を修復したい場合の助言やアドバイスも可能な探偵社にお願いするべきでしょう。
費用のうち基本料金というのは、絶対に必要な金額を表していて、追加の額が加わってトータルの費用が決まります。素行調査のターゲットの住居の種類、職種とか通常の交通手段で必要な費用が異なるため、料金にも差が出ます。

これまで隠れて浮気をただの一度もしたことがない夫がとうとう浮気したなんてケースでは、精神的な傷はかなり深く、向こうの女性も浮気以上の感情だという場合には離婚を選択するケースだってかなりの数になっているようです。
素人である本人が証拠となるものの収集や調査をするのは、いろんなことが原因でスムーズにはいかないので、もし浮気調査をするのだったら、ちゃんとした調査を依頼できる探偵事務所等のプロに依頼したほうが賢い選択です。
あれこれ言ってみたところで、払うことになる慰謝料の額っていうのは、相手サイドと行う交渉によってだんだん決まっていくわけですから、費用と得られるものとのバランスによって、希望の弁護士に依頼することを検討するのも一つの方法です。
とにかく夫の浮気を察知したときに、最も大事なのはあなたが何を望んでいるかということなのは明らかです。浮気の件を水に流すのか、別れを決断して別の道を進むのか。冷静に熟考して、後悔しなくて済む判断を心掛けましょう。
自分の不倫を隠して、前触れなく離婚の話し合いを始められた。そんなときは、浮気や不倫が察知された後で離婚するとなると、相当な額の慰謝料の請求をされる可能性があるので、感づかれないようにしているケースが少なくありません。

不倫とか浮気によって幸せに暮らしている家庭を完全に破壊して、最悪、離婚に至ってしまう場合もあるわけです。そしてその上、メンタルな損害の賠償として相手への慰謝料支払なんて難題だって起きかねません。
探偵に任せた浮気調査では、どうしてもそれなりの費用を支払わなければいけないけれど、専門家による行動なので、とても出来のいい交渉に役立つ証拠が、気付かれる心配をせずに収集できるわけですから、安心感が全然異なるというわけです。
相手に慰謝料を請求するときに必須の資格や条件に達していないのであれば、求めることができる慰謝料がとても低くなってしまったり、条件によっては配偶者が浮気をしている人物に全然請求することができないなどのケースだってあるんです。
どう見ても浮気中だと確認できる証拠を突き止めるのは、調査時間と労力を絶対条件としており、夫が仕事をしながら妻が浮気しているところを確かめるというのは、きついと感じる場合がかなりあるのです。
やはり不倫とか浮気調査の際というのは、困難な調査環境での証拠の現場撮影が少なくないので、探偵社とか所属する探偵が違うと、尾行術・カメラなど撮影機材の差が相当大きいので、注意してください。

探偵に依頼した浮気調査だと…。

浮気を妻がしたときは夫が浮気した場合とはずいぶん違うのが一般的で、浮気に気が付いた頃には、ずっと前から夫婦関係は復活させられないほどの状態の夫婦の割合が高く、離婚という結末をしてしまう夫婦が大部分を占めています。
浮気や不倫の加害者に直接相応の慰謝料を払えと請求を行うケースの割合が高くなってきています。被害者が妻のときは、不倫した夫の相手に「払わせるのが当然でしょ?」なんて状況になっているのです。
調査費用が安いことのみばかりを考えて、調査依頼する探偵や興信所を選んじゃうと、納得できる結果を得られていないにもかかわらず、調査に要した料金のみ要求されるということになる心配もあります。
探偵に依頼した浮気調査だと、いくらかの費用が必要ですが、実際にプロが動くため、とても高いクオリティーのあなたが欲しかった証拠が、怪しまれずに入手可能だから、ちっとも不安にならずに済みます。
悩みの中でも、とりわけ妻が浮気していることに関しての相談をするとか助言を受けるというのは、どうしても恥ずかしさとか見栄があるが故に、「探偵に頼むなんてとんでもない」そんな考えが頭に浮かんでしまって、悩みを聞いてもらうのを断念してしまうケースがかなりあります。

自分一人の力で対象者の素行調査や尾行をするというのは、いくつもリスクで苦労するだけでなく、相手の人物に見つかってしまう恐れがあるので、通常の場合だと実績のある探偵などプロに素行調査の依頼をしているのが現状です。
不貞行為である不倫の影響で離婚しそうな大ピンチという方は、今すぐ配偶者との関係改善をすることが欠かせないのです。何のアクションもせずに時間が流れていくと、二人の関係はさらに悪くなるばかりです。
元のパートナーから慰謝料を払うように求められた、セクシュアルハラスメントの被害にあっている、もちろんこのほかにも種々のトラブルや悩みごとがあるわけです。一人ぼっちで苦悩せず、専門家である弁護士に助けてもらいましょう。
平均的に夫のほうが妻が浮気していることを覚るまでにずいぶん時間が経過してしまうとよく言われます。仕事から帰ってもよく見ないとわからない妻の異変を察知できないということです。
自分の夫あるいは妻に異性の気配があると、やはりどうしても不倫しているのではと考えてしまいます。耐えられなくなったら、たったひとりで考え込まずに、探偵や興信所で不倫調査をやってもらうのがおススメです。

ただ単に浮気調査を実行して、「確実な浮気の証拠を入手したらおしまい」なんてことは言わずに離婚問題に関する訴訟だとか解決するための助言や教示をしてもらえる探偵社に申し込むほうが安心です。
「調査員の優秀さ及び調査機材」で浮気調査は決まってしまいます。浮気調査の担当者がどれほどのレベルなのかっていうのは外見で把握することなんて出来っこありませんが、いかほどの機材を使用しているかは、確認・比較ができるのです。
一人だけで浮気している証拠の入手や調査などを行うのは、あれこれと障害があって簡単にはできないので、浮気調査に関しては、経験豊富で確実な仕事をする興信所や探偵事務所等にお任せするのが賢い選択です。
世の妻が内緒のはずの夫の浮気を察知するきっかけの第一位は80%のスマホと携帯電話。ずっと使った経験がないロックをいつも使うようになった等、女性はケータイ、スマホに関しての細かな変化に鋭く反応します。
実際の離婚裁判のときに有効な浮気が間違いないことを証明する証拠なら、ナビやスマホのGPSやメールの履歴だけでは不十分とされ、デートしている二人の写真だとか動画が完璧です。経験豊富な興信所などにお願いして撮ってもらうのが大部分の方の選ぶ方法です。

金銭的なトラブルが生じないように…。

3年以上も昔の不倫とか浮気があったことについての証拠が収集できたとしても、離婚したいとか婚約破棄したい場合の調停及び裁判では、優位に立てる証拠としては認められることはないんです。最近のものが不可欠です。要チェックです。
離婚届が受理されてから時効の3年が経過すると、残念ながら慰謝料について要求できなくなってしまいます。だから、もしも時効の成立寸前だという方は、迷わずすぐにでも信用ある弁護士をお訪ねください。
費用のうち基本料金というのは、いくらシンプルな調査でも必要な額のことで、それプラス加算の金額で全部の費用がわかるのです。素行調査をする人が住んでいる場所や仕事内容、通常使っている移動の手段で違うので、すごく料金に開きがあるのです。
夫か妻のどちらかが不倫や浮気といった不貞行為をやらかしたなんてケースでは、不倫されたほうの妻、または夫側は、貞操権侵害によって発生した精神的な苦痛を負わされたことに対する当然の慰謝料として、損害賠償を支払わせることが可能になります。
離婚するまでの状況などで違ってくるので、細かな金額を出せないのですが、浮気や不倫がきっかけで離婚することになったとおっしゃるのであれば、支払いを求める慰謝料の額は、100万円以上で300万円くらいまでが普通の金額だと思います。

何だかんだ言っても、支払う慰謝料の金額というのは、請求サイドと行う交渉によって決定するものですから、依頼費用の額と効果によっては、相談希望の弁護士の先生への相談申込を考えるのも賢い選択です。
よく聞く女の勘に関しては、高い確率で外れないみたいで、ご婦人から探偵に調べるように頼まれた不倫であるとか浮気に関する素行調査でいうと、驚くことに約80%のケースが実際に浮気しているみたいです。
浮気・不倫調査というのは、その内容次第で調査項目に差がある場合が少なくない調査と言えます。したがって、頼んだ調査について契約内容が細かい所まで、かつ的確に整備されているかを事前に調べておいてください。
自分の夫や妻のことで他の男女との接触を疑うようなことがあれば、どんな方でもやっぱり不倫しているの?と考えることでしょう。もしそうなってしまったら、一人ぼっちで苦悩せずに、納得できるように探偵に不倫調査を依頼するのがベストな選択です。
法に反する行為の損害賠償を求めるときは、3年間が経過すると時効が成立するということが民法に明記されています。不倫の事実を突き止めたら、ただちに資格のある弁護士に相談することで、時効に間に合わない問題は発生しません。

早いうえに間違いなく相手に悟られないようにぜひ浮気の証拠を見つけたい!なんてときは、能力の高い探偵に調査依頼するべきだと思います。優れた技術を持っており、撮影に使用する機器等もそろえております。
最近増えているとはいえ離婚っていうのは、周りで思っているよりも身体的な面でもメンタルな面でも負担が大きいことです。旦那がやってた不倫を見つけて、あれこれ考えてみた結果、夫を信じて暮らすのは無理だとなって、きっぱりと離婚することがベストだと考えて離婚しました。
「スマホやガラケーから確実な浮気の証拠を掴み取る」なんてのは、普段の調査でも多い調査方法です。スマホやケータイっていうのは、普段の生活で最も使っている通信機器ですから、明確な証拠が残りやすくなるのです。
子供の養育費、慰謝料を支払うよう要求する時点で、肝心な証拠を手に入れる調査や、浮気している人物の正体は?なんてときの調査であるとか先方に関する素行調査でも依頼できます。
金銭的なトラブルが生じないように、何よりも先に完璧に各探偵社の調査料金設定の特徴のチェックが大切。できるなら、費用がいくらくらいなのかの見積もりも用意してもらいたいですね。

パートナーの浮気についての証拠などを手にするのは…。

自分の夫が浮気中なのか否かを確かめたい場合は、クレジットカードを利用した際の明細、CDやATMでの引き出し、スマホ、ケータイ、メールの相手や日時によってチェックしたら、有効な証拠が集まります。
不倫していることは話さずに、だしぬけに離婚協議を迫られた…こういうケースだと、浮気を感づかれた後で離婚したのでは、相手に慰謝料を支払うよう求められてしまうので、気づかれないようにしている場合があるのです。
浮気調査などの各種調査を頼みたいと考えて、探偵事務所のホームページを見て調査完了後に請求される料金を計算してみたいと考えても、大部分は詳しくは書かれていません。
最近依頼が増えている不倫、浮気調査などの場合は、難しい調査条件のときの証拠の収集業務などが頻繁にありますから、探偵社とか所属する探偵毎に、追跡・尾行のスキルや撮影に使う機器にかなりの差があるため、事前に確認しておおきましょう。
実際に浮気調査をするかどうか迷っているのであれば、支払料金だけじゃなくて、調査するスキルについてもしっかり比較しなければ安心できません。実力が足りない探偵社で調査させても、お金をドブに捨てるのと同じことになります。

もしもあなたの配偶者による不倫の証拠をつかんで、「復縁せずに離婚!」という意思を固めても、「パートナーに会いたくない。」「声も聞きたくない。」といって、相談することもなく離婚届を勝手に役所に持って行ってはいけません。
いろんな障害がある不倫調査に関しては、信用のある探偵事務所に申し込むというのがベストな選択です。慰謝料の額にこだわりたい、復縁せずに離婚を望んでいるなんて方は、ちゃんとした証拠を握っておきたいので、特にそうなんです。
仮にあなたが配偶者の言動が疑わしいなんて思っているなら、とりあえず確実な浮気の証拠を入手して、「不安が的中しているのか!?」確かめてみるべきでしょう。一人で苦しみ続けていたところで、悩みを取り除くことなんてまずできません。
被害があっても慰謝料の請求ができないといった場合もあります。先方に慰謝料を支払うよう請求できるかできないかに関しては、何とも言えず判断がかなり難しいことが少なくないから、ぜひとも信用ある弁護士に相談するのがオススメです。
成人するまでの養育費とか慰謝料を相手に求めるときに、役に立つ証拠を集めるとか、浮気相手の名前は?年齢は?といった場合の調査、更にはその浮気相手に関する素行調査もやります。

パートナーの浮気についての証拠などを手にするのは、夫を問い詰めるといった際にだって欠かせませんが、例えば離婚することも考えているなら、証拠の重要度がますます高まると言えます。
給料や不倫・浮気の期間の長さにより、請求できる慰謝料が高かったり低かったりするなんて勘違いも多いんですが、間違いです。まれなケースを除いて、最終的な慰謝料は大体300万円でしょう。
きっと探偵に調査などをお願いするという経験は、人生の中でたった一回きりとおっしゃる方ばかりじゃないでしょうか。本音の話、依頼しようとなったら、一番知りたいことはどんな人でも料金です。
自分の夫や妻の周辺に異性に関するなにかしらの発見があると、意識しなくても不倫じゃないかと不安になりますよね。もし信じられなくなったら、一人だけで考え込まずに、経験豊富な探偵に不倫調査するようお願いしてみるのがベストな選択です。
夫婦だけではなく、子供がいる家庭の場合、離婚することが決まって親権については夫が取ることを検討しているのでしたら、子供の母親であるにもかかわらず妻が「浮気のせいで子育てを放棄している」などの状況がわかる明確な証拠等についてもマストです。